6/1(金)「スマートファクトリーJapan 2018」でIoTをテーマに登壇します

1200.540

2018年6月1日(金)に東京ビッグサイトにて開催されます「スマートファクトリーJapan 2018」にて、弊社取締役副社長 篠崎がIoTをテーマに登壇いたします。
事前申込み受付も開始しておりますので、お気軽にご参加ください。

 

▽スマートファクトリーJapan 2018  出展者セミナー一覧
http://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/seminars.html?exhibitor_seminars
▽スマートファクトリーJapan 2018  事前申込
https://www.event-navigator.jp/smart2018/regist/

講演内容

  • 講演日時
  • 2018年6月1日(金)13:30~14:10
  • セミナー会場
  • 東3ホール奥 出展者セミナー会場
  • セッションコード
  • S-14
  • 講演タイトル
  • IoTで課金する方法
  • 要旨
  • IoTに取組む事業者は、従来の「モノ」を製造/仕入れ、これらを組合せた「ソリューションとして販売する」ビジネス形態から、「モノ」を通信/クラウド/管理アプリケーションなどと連携させ「サービスとして提供する」ビジネス形態へのシフトが求められます。
    本セミナーでは、IoTに取組む事業者が直面する課金面での課題やこれらの解決方法について、下記のポイントで説明します。

    ・IoTがもたらす事業構造の変化
    ・IoTの課金がなぜ難しいのか
    ・IoTで課金する方法(初期費用の請求、固定定額、使われた分の従量課金)

登壇者情報

speaker-sinozaki

取締役副社長 篠崎 明

  • 1996年、三井物産㈱入社。社内IT部門、シマンテックの営業担当者を経て、ライセンスオンライン㈱の取締役副社長に就任。
    SonyStyle, MSN, OCN向けなどのネットサービス事業の企画開発などを行う。
    2006年9月、三井物産㈱を退職。2006年11月、ビープラッツ㈱を藤田らと設立(現職)。
    中央大学卒、 1973年生。


また、当イベント開催中の2018年5月30日(水)~6月1日(金)では、ブースでの展示も行います。セミナー参加のご都合が合わない方は、是非当社ブースまでお越しください。

出展内容

  • 出展スペース
  • 東2ホール S-22
  • 商品説明
  • Bplats® Platform Editionは「月額継続課金」や「従量課金」が必要となる、「サブスクリプションビジネス」のためのサービスです。IoTビジネスなど、商品/サービスの提供者と利用者が自由に立場を変えることのできる柔軟かつ有機的なエコシステム構築へのニーズにいち早く対応した総合プラットフォームです。

イベント概要

  • 開催日時
  • 2018年5月30日(水)~6月1日(金)10:00〜17:00
  • 会場
  • 東京ビッグサイト 東ホール
  • 入場料
  • 1,000円(来場事前登録者、招待券持参者、中学生以下は無料)
お問い合わせ / 資料・カタログ

継続課金、定期販売などのサブスクリプション事業をご検討中の事業者さま、
顧客管理、契約管理、請求課金などにお悩みの事業者さまは、
ビープラッツにお気軽にご相談ください!