IoT World Conference 東京&大阪 2017(10/23)講演のご報告

10月23日(月)、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催された「IoT World Conference 東京&大阪 2017」にて、副社長篠崎が“「IoTで課金する方法」~通信、センサー等の従量データの課金方法~”をテーマに講演を行いました。

当日は、台風上陸に伴う公共交通機関への影響などが心配されておりましたが、多くの皆様にご来場いただき、開場と同時に座席が埋まる大盛況となりました。

バナー20170907_1272540

講演では、IoTに取組む事業者が、これまでの「モノを作って販売する」マネタイズとは異なる、「モノをサービスに変えて提供する」マネタイズに向き合う際に直面する課題や解決方法などについてお話させて頂きました。
また、未だ耳慣れない言葉である「サブスクリプション」について、想定される様々なビジネスモデルを具体例と共に解説させて頂きました。

弊社は、課金管理や、請求管理、料金計算等を自動化したプラットフォームによって、定額課金、従量課金、複合仕入の再販等に対応し、IoT事業者様をご支援させて頂いております。

当日配布させて頂きました資料については、当サイトからもダウンロード頂けます。

▽資料・カタログ
https://www.bplats.co.jp/catalogs/

講演会場の様子
IoTWorld_2017_01

IoTWorld_2017_02

お問い合わせ / 資料・カタログ

継続課金、定期販売などのサブスクリプション事業をご検討中の事業者さま、
顧客管理、契約管理、請求課金などにお悩みの事業者さまは、
ビープラッツにお気軽にご相談ください!