サービス連携機能 (B-Provisioning)

サービス連携機能 (B-Provisioning)とは

API連携によりサービスのオン/オフを自動化する機能です。

IoT事業者様やクラウド(SaaS)サービス事業者様における顧客管理・契約管理の総合管理ソリューションとしてご導入いただく場合に、事業者様のサービスサーバと、Bplats®をAPI連携し、利用者(エンドユーザー)によるサービスの申込内容に応じて、サービス事業者様の保有するサービス提供環境と連携を行うオプション機能モジュールです。
これにより、利用者(エンドユーザー)がマイストアからの申込時のアカウントの自動発行や、契約や入金状況に応じてサービスのオン/オフの自動管理を行うなど、シームレスな運用管理を実現することができます。

機能イメージ

  • 機能イメージ
  • 機能イメージ

Bplats®標準APIを活用いただくことも、お客様提供のAPIにカスタマイズ対応することも可能です。

特徴

    1 サービスの申込受付を自動化できる

    利用者(エンドユーザー)にとっては、オンラインで申込を行ったサービスは すぐに利用したいもの。
    利用者毎の個別の環境設定などが必要のないサービスなどであれば、Bplats®との間をAPI連携することにより、申込からアカウント発行などを自動化することができます。

    2 契約や入金の状況に応じて、サービスを自動停止できる

    継続型のサービスであれば、利用者(エンドユーザー)の契約期間の満了や、利用料の支払が実行されない場合などには、サービスを停止する必要が発生します。
    Bplats®側で管理している契約状態を月一回といったようにルールを決めて、APIでサービスサーバーと情報連携することができます。

    3 クラウドとの連携により、データのやり取りなどができる

    AWSのAPIやツールキットへの対応、SalesForceとのAPI連携など、様々なクラウドサービスとの連携実績があります。

導入までの流れ

最短1ヶ月ほどで、ご利用を開始できます。

  • 1

    お問い合わせ

    お客さまからお問い合わせいただきます。

  • 2

    ヒアリング

    御社のサービスや事業内容をお伺いします。

    約1~2週間後

  • 3

    想定する
    ご利用方法の特定

    ご利用いただくBplats®のサービスを特定し、システム連携の構成/機能要件をまとめます。

    約1~2週間後

  • 4

    ご利用条件の
    ご提案

    弊社営業担当とエンジニアによるヒアリングの上、Bplats®によるご提案条件を提出いたします。

  • 5

    ご契約・ご利用開始

    弊社サービスの利用契約にご同意いただき、ご利用開始となります。

お問い合わせ / 資料・カタログ

継続課金、定期販売などのサブスクリプション事業をご検討中の事業者さま、
顧客管理、契約管理、請求課金などにお悩みの事業者さまは、
ビープラッツにお気軽にご相談ください!