サブスクリプション関連の新技術2件について特許出願

 ビープラッツ株式会社(代表取締役社長:藤田 健治、以下、「ビープラッツ」という。)は、当社の主力製品である「Bplats®(ビープラッツ®)」の強化のため、新たな技術について、2件特許出願いたしました。

  • 出願番号
  • 特願2018-199453
  • 発明の名称
  • サブスクリプション商品販売システム、サブスクリプション商品販売方法、及びサブスクリプション商品販売用のコンピュータプログラム

  • 出願番号
  • 特願2018-199454
  • 発明の名称
  • 販売管理システム、販売管理方法、及び販売管理用のコンピュータプログラム

 我が国において「サブスクリプションビジネス(定期継続ビジネス)」への新規事業・事業転換の動きが加速し、IoT(Internet of Things、モノのインターネット化、以下、「IoT」という。)の潮流も強まるなか、これらサブスクリプションビジネスを展開する事業者を支援する、当社のような位置付けの企業はいまだ多くありません。今般、当社が将来にわたり当社製品ならびに事業の根幹となり、基幹機能となりえるこれら発明の知的財産化を行うことは、サブスクリプション統合プラットフォーム提供事業者としての事業継続の安定性につながり、ひいては当社顧客の益に資するものと考えております。
今後もビープラッツでは、独自の機能開発を加速させるとともに、知的財産面でも強化を図ることにより、魅力的な製品の拡充を図ってまいります。

<「Bplats®」とは>
 「Bplats®」は、ビープラッツが自社開発する、サブスクリプションビジネスのための統合プラットフォームです。さまざまなサブスクリプション型のサービスを一気通貫で販売から管理まで行うことができ、「Bplats®」はこれまで10年以上にわたって、数多くのサブスクリプションビジネスをワンストップで実現してきました。シンプルに直販型で従量課金ビジネスに参入することから、「つながる」機能で、パートナーを含む大規模な従量取引のエコシステムを実現することまで可能な、スケーラビリティの高さを大きな特長とするだけでなく、これまでビープラッツがお客様と積み上げてきたさまざまなノウハウがふんだんに取り込まれています。
 新製品である「Bplats® Platform Edition」は2017年7月の販売開始以来、高い評価を得ており、特にIoTに取り組む大手メーカー様、クラウドベンダー様などを中心に導入されてきました。2018年8月には、メジャーバージョンアップとして「Bplats® Platform Edition バージョン2.0」の販売を開始いたしました。

【ビープラッツ株式会社について】
 ビープラッツは、「サブスクリプションをすべてのビジネスに」というミッションのもと、
「IoT」、「クラウド」、「通信(MVNO・光コラボレーション)」を主要事業領域として、サブスクリプションビジネスを展開する事業者を支援する、統合プラットフォーム提供事業者として活動しています。ビープラッツは2006年11月の設立以来、このテーマに一貫して取り組んでおり、2018年4月に東京証券取引所マザーズに株式を上場いたしました。

会社名: ビープラッツ株式会社
    (証券コード:4381(東京証券取引所マザーズ))
所在地: 東京都千代田区内神田三丁目2番8号
代表者: 代表取締役社長 藤田健治
資本金: 4億8256万円(2018年9月30日現在)
URL : http://www.bplats.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
◆ビープラッツ株式会社 営業本部
TEL:03-3526-8111 FAX:03-3526-8116 E-mail:bplats_alias_solution@bplats.co.jp

以 上

お問い合わせ / 資料・カタログ

継続課金、定期販売などのサブスクリプション事業をご検討中の事業者さま、
顧客管理、契約管理、請求課金などにお悩みの事業者さまは、
ビープラッツにお気軽にご相談ください!